老眼に効くサプリ

老眼サプリランキング

  • 新聞、本など細かい字が読みづらい
  • 物の距離、ピントの調整が難しい
  • 景色がぼやける

 

このような症状を感じ始めたら老眼の始まりかもしれません。当サイトはそんな老眼の症状を感じ始めた人に効果的な栄養成分(ルテイン・アントシアニンなど)を配合したサプリを紹介しています。

 

ファンケル えんきんの特徴

えんきんは、健康食品大手のファンケルが販売する老眼対策用サプリメントになります。老眼を引き起こすピント調整機能を助けるルテイン・アントシアニン・DHAなど有効成分を配合しています。また、臨床試験からも調整力が認められており、機能性表示食品として認定されています。今なら当サイトから30日分がたったの1000円購入が可能です。

価格 1000円
評価 評価5
備考 返品・交換無期限保証

 

めなりの特徴

めなりは、老眼の予防・対策に良いルテイン・ゼアキサンチンなどを配合したアイケアサプリメントになります。ルテイン・ゼアキサンチンを1日あたり14.4mg含有しています。これらは、目のピント調整機能を高める働きを持ち、老眼の症状緩和に役立ちます。また、ルテインの吸収率を向上するために、アントシアニン豊富なビルベリーも配合しており、老眼はもちろん、疲れ目・ドライアイなどの対策としてもおすすめです。

価格 907円
評価 評価4.5
備考 初回77%OFF

 

北の国から届いたブルーベリーの特徴

やわたの北の国から届いたブルーベリーは、1日1粒にビルベリー由来のアントシアニンを60mg含有したサプリメントになります。アントシアニンに目の疲労感とピント調節機能低下の緩和作用があることが判明しています。そのため、北の国から届いたブルーベリーは機能性表示食品に分類され、目の調子を整える効果が期待できます。また、アントシアニンとの相乗効果の見込めるルテイン・カシス・DHAなど7種類の成分をプラスしています。

価格 2052円
評価 評価4
備考 返金保証付

 

これ、老眼の症状?

 

 

老眼の症状が出始めるのは、40才代ごろから始まると言われていますが、近年は、パソコンやスマートフォンなどを使う機会が多く、目を酷使しているために、早ければ20代前半からから似たような症状が見られる場合があります。

 

老眼の初期症状に気が付くのは、新聞や本を読んでいると、

 

  • 文字に目のピントが合わず、
  • 文字がにじんで見えたり、
  • ぼやけて見えたりする

 

ようになったときでしょう。

 

今まで、何も意識せずに文字が読めていたのが、ある日から細かい文字が見えにくくなるのは、老眼の初期症状といえるでしょう。スマホの利用が多い人はスマホ老眼ともいわれています。

 

また、近くも文字などを見ている最中に、目を遠くに向けたときに、遠くのものがしばらくぼやけて見えるのも老眼の初期症状です。これは、ものを見たときに水晶体が対象物にピントを合わせているのですが、若いときはそのスピードにほとんど誤差がなく、見る対象物を変えてもピントがあわない、ということはないのです。

 

しかし、年齢を重ねると、水晶体が対象物にピントを合わせるスピードが遅くなります。これらの症状に気が付いたときは、老眼が始まっている可能性があるので、眼科を受診するとよいでしょう。

 

目の症状だけじゃない!他の部位に与える影響も…

 

老眼は、物の見えにくさが主な症状ですが、そのほかにも現れる症状があります。それは、

 

  • 頭痛、
  • 目の疲れ、
  • 肩こり、首こり

 

などです。目の視神経は、首の周りにつながっているので、見えにくくなっている目でものを見続けていると、目の疲れが顕著になります。それがきっかけとなって、肩こり、首こり、頭痛などの症状が現れるようになります。ですから、40才代ごろから、文字が見えにくくなっていて、目の疲れがあり、それに併せて頭痛などがある場合は、老眼が始まっている可能性があります。

 

老眼の予防・対策にサプリを始める!

 

老眼予防におすすめの食品

 

 

老眼、眼精疲労を上手く解消するには、毎日食べる食品にも気を配るとよいでしょう。目の疲れや視力の回復に良いのがビルベリーに含まれるアントシアニンです。これをできるだけ毎日食べることで、老眼の進行を抑えることができるでしょう。また、目のピント調整機能を高めるならルテイン・ゼアキサンチンなどが効果的です。

 

ポイント
  • 目の疲れの回復に⇒アントシアニン
  • 目のピント調整に⇒ルテイン・ゼアキサンチン

 

ブルーベリーは、生の果実の状態で売られているものは少ないですが、冷凍で売られているものやジャムなどを取り入れても良いでしょう。これも難しい場合は、サプリメントを利用して摂取すると便利です。そのほかにも、ビタミンBやEなども眼精疲労に効果がある栄養素なので、柑橘系の果物やキウイなどもよいでしょう。

 

老眼は、誰でもある年齢から徐々に目のピントを合わせる機能が衰えていきます。ですが、目の酷使を控えて、見え方に変化があったときは、早めに眼科を受診しましょう。

 

老眼は老化現象のひとつで、体の衰えと同じように目の調節機能も衰えていきます。自覚症状が現れるのは、早い場合だと30才代後半ごろから始まりますし、遅い場合は60才代ごろまでと幅広く、個人差があります。この差は、目をどのくらい酷使しているか、ということにあるようです。ですが、近年はパソコンやスマートフォンなどの普及によって、目を休める習慣が薄れているように感じられます。

 

手元のパソコンなどの画面ばかりを見ていると、目の疲れが解消されることがなく、常に目は凝り固まっている状態といえるでしょう。目の疲れを感じたら、手元にあるものから目を離して、遠くを見る習慣などを取り入れるとよいでしょう。そのほかには、眼精疲労を解消する目薬を活用したり、目を暖めたりするとよいでしょう。

更新履歴