老眼に効く目薬とは?

老眼に効く目薬とは?

 

老眼になってから、何か対策をするよりも、老眼になる前から目を酷使しているときはケアを行った方が、老眼の症状を遅らせることができます。簡単なものは、目薬を活用することです。

 

近年は、パソコンやスマートフォンなどの普及で、疲れ目を慢性的に抱えている人が多く、睡眠だけでは疲れ目が解消されない場合もあるようです。目薬は、ドラックストアなどで手軽に購入できるので、目の疲れを感じたら、目薬を指すようにすると良いでしょう。

 

ピント調節機能を高める成分が必須

 

老眼は、ピント調節機能が弱くなっているので、メチル硫酸ネオスチグミンやネオスチグミンメチル硫酸塩が配合されているものがよいでしょう。また、ドライアイの場合は、コンドロイチン硫酸ナトリウムが含まれているものや涙と同じ成分の塩化ナトリウムや塩化カリウムが配合されているものがお勧めです。

 

そして、眼精疲労に効果があるビタミンB5やビタミンB12が配合されているものも、老眼のよる諸症状を緩和する効果が期待できます。老眼になってしまうと、それを治すことはできませんが、目薬を使ってケアを行いましょう。

 

老眼に人気の目薬は「ロートVアクティブ」です。

 

老眼は目薬以外にアイケアもしっかり行う

 

老眼になると、近い小さなものが見にくくなりますが、遠くのものは良く見えるという状態になります。これは、水晶体が厚さを変えて、ピントを合わせていましたが、水晶体の弾力がなくなって厚さを変えにくくなったことが原因です。水晶体は、突然弾力がなくなるのではなく、だんだん弾力がなくなっていくので、症状も少しずつ進んでいくのです。

 

老眼になったら、老眼鏡などで対応すればよいのですが、目が疲れやすくなるので、目を休める、目に良いサプリを飲む、などのケアも一緒に行うと良いでしょう。また、目のケアを行えば、老眼の進行を遅くすることができます。

 

老眼対策に!目に良いサプリはこちら