老眼に使えるコンタクトレンズある?ハードとソフトどっちが良い?

老眼に使えるコンタクトレンズある?

老眼というと、お年寄りというイメージがあるので、老眼鏡はできるだけかけたくない、という場合があるでしょう。老眼の症状が現れ始めるのは40代ごろからで、まだまだおしゃれもしたいし、若々しく見られたいという考えを持つ人が多いでしょう。このようなときに、便利なのがコンタクトレンズです。

 

以前、コンタクトレンズというと近視と遠視の矯正を行うものでしたが、技術が進んで現在では、乱視や老眼のコンタクトレンズも販売されています。

 

コンタクトレンズをする前に、眼科で診察を受けてコンタクトレンズを使っても、目に影響がないか調べてから使うようにしましょう。涙の量が少なかったり、目のトラブルがあったりするとコンタクトレンズは使用できないので、注意が必要です。

 

老眼用のコンタクトレンズは、ソフトレンズとハードレンズがあります。それぞれに長所と短所があるので、自分の好みや生活にあわせて選べばよいでしょう。

 

ハードコンタクトレンズは、ソフトコンタクトレンズより硬い素材でできており、使い捨てではないので使った後は、ケアをしっかりしないと感染症になりやすいということや目に入れたときに、異物感があったり、痛みを感じたりする場合があるという短所があります。

 

その反面、ハードコンタクトレンズは、角膜の一部に装着するので、目の呼吸が確保できます。そのため、目の乾燥などを防ぎ、コンタクトレンズによる疲れ目を予防することができます。また、使い捨てではないので、経済的に負担が軽い点も長所といえます。必要なときだけ、コンタクトを使いたいときは、ハードコンタクトレンズの方がよいかも知れません。