老眼が始まる年齢と対策

老眼が始まる年齢と対策

老眼の症状を自覚し始める年齢の平均は、42から45才といわれていますが、40才ぐらいから目がかすんだり、小さな文字が見にくくなっていたりするようですが、最初のうちは「疲れ目かな」と思う程度で、老眼鏡が欲しい、という感じではないようです。

 

老眼鏡が必要になると「お年寄り」というイメージが強くなり、ショックを受ける場合もあるようですから、できるだけ老眼は先延ばしにしたいものです。老眼は、何かが原因で、ある日突然なるものではないので老眼になる前に何か対策をしておくとよいでしょう。

 

まず、老眼の原因は水晶体の弾力がなくなることと、水晶体を支えている毛洋体筋の筋力が弱くなることです。これらの二つの衰えが、老眼を早めてしまう可能性があるので、30才ごろから目の運動をしておくとよいでしょう。目の運動とは、ピントを合わせる運動と眼球を動かす運動を行います。

 

ピントを合わせる運動は、目の前に指を出し、そこにピントを合わせます。ピントが合ったら、次は指から目線を外して、遠くの景色を見るようにします。このとき、ただ見るのではなく、遠くの建物や景色にピントを合わせます。これを数回繰り返します。次に、眼球を動かす運動ですが、これは眼球を右回り、左回りに目をきょろきょろ動かします。毎日数回行えばよいでしょう。

 

老眼は、老眼の症状を自覚する前に対策をしなければ意味がありません。先にも述べたように、30才ごろから行えば、効果があるといえますが、最近は、パソコンやスマートフォンなどで目を疲れさせています。それによって、眼精疲労やドライアイなどの原因にもなっており、老眼を早める原因にもなっています。まずは、目をゆっくりと休ませる時間を取ってみましょう。