老眼と近視の違いはなに?

老眼と近視の違いはなに?

老眼は、老化現象の一つなので、誰にも症状が現れます。症状が出始めるのは、40代以降が多いようですが、最近はパソコンやスマートフォンの普及などによって30代でも老眼の症状が現れる場合があります。

 

老眼は、目の酷使によって症状が現れる年齢に個人差があるようです。中には、近視の場合は老眼にならない、症状が現れるのが遅いなどのような意識を持っている場合があるようですが、それは、近視の場合は老眼に気づくのが遅い、ということのようです。

 

まず、近視とは近くのものにピントが合いやすく、遠くのものが見えにくい状態を言い、メガネをかけて遠くを見やすくしているのです。また、ピント調節機能が普通に見える人よりも弱いという傾向もあるようです。

 

このような近視の特徴と老眼の様子を比べると、近くのものが見えにくい、という点で共通するところがあります。そして、近視の人が老眼になると、もともと遠くが見えにくい状態で、近くのものがさらに見にくくなります。

 

近視の場合、視力を補正するためにメガネを利用していますが、その状態で細かい文字を見たとき、文字がにじんで見えたり、二重、三重に見えたりするようになります。そして、メガネを外すと細かい文字が見えるので、自分が老眼であることに気が付きにくいといわれる点です。しかし、これは視力がよくなったのではなく、老眼の症状が現れたことを示しているのです。

 

老眼は、近視、遠視、乱視でも現れる症状で、メガネやコンタクトレンズで補正している場合は、それらを使っているのに、ものの見え方に変化があったときは、眼科を受診して老眼の症状なのか確認するとよいでしょう。